ブログ

ブログ

  • トップページ
  • 打ち水をすると本当に温度が下がるのか?調べてみました。
雑学2018/08/08

打ち水をすると本当に温度が下がるのか?調べてみました。

おはようございます!

亀有駅北口から徒歩3分、亀有くまさん整骨院の上野です。


今日は午後から雨が強くなるようですね。
みなさんお帰りの際は、お気を付けください。


さて、今朝濡れた地面を見て、ふと「打ち水って本当に効果あるのかな」と思いました。
最近、打ち水をしている人をよく見かけて、いつも疑問だったんです。




グラウンドで練習していると水を撒いた後って、とてもキツいんですよね。
気温というより湿度が上がってキツくなるんだと思います。
そんな実感があったので、打ち水に対して懐疑的だったので、調べてみました。


要は時間帯の問題だったようです。
気温の上がる前つまり朝や気温の下がる夕方に打ち水をしないと、逆効果になるそうです。


カンカン照りの日中に打ち水をしてしまうと、水が一気に蒸発して、涼しさも感じなければ、湿度が上がってしまってかえって暑さを感じるそうです。

私がグラウンドで実感していたのは、それだったんですね。
打ち水は、効果的に行えば体感温度を2℃くらい下げる効果もあるとの事なので、これからの時期は玄関先やベランダに行うと良いのではないでしょうか。
ちゃんと時間帯を考えないと逆効果になることをお気を付けください!







あなたへのおすすめ記事

menu

トップへ戻る